SHUYO.NETのITの小ネタ集
スマホ・タブレット・パソコンの操作法・小ネタ・小技等をつぶやいていきます!
1】 【2】 
 
 ページの先頭へ戻る

 
  ページの先頭へ戻る

 
  ページの先頭へ戻る

 
  ページの先頭へ戻る

  
  ページの先頭へ戻る

 
  ページの先頭へ戻る

  ページの先頭へ戻る

  ページの先頭へ戻る

  ページの先頭へ戻る

 
  ページの先頭へ戻る 

 
  ページの先頭へ戻る 

  ページの先頭へ戻る 

  ページの先頭へ戻る 

  ページの先頭へ戻る 

  ページの先頭へ戻る 

  ページの先頭へ戻る 

  ページの先頭へ戻る 

  ページの先頭へ戻る 

  ページの先頭へ戻る 

  ページの先頭へ戻る 

 
  ページの先頭へ戻る 

 
  ページの先頭へ戻る 

 
  ページの先頭へ戻る 

  ページの先頭へ戻る 

 

【激動の時代をとらえた13枚の写真】

 

激しく動いていく時代を切り取った13枚の写真です。

フォトジャーナリズムを確立したオマハビーチに上陸する兵士の写真、

不服従運動を世界に知らしめた「インドの糸車を回すガンジー」など、

一度は見たことのある写真がそろっています。

https://gigazine.net/news/20070105_13photo/

 

  ページの先頭へ戻る 

 

【カラーになってよみがえる第一次世界大戦の貴重な写真集】

 

第一次世界大戦の写真にいろいろな手法を用いて彩色し、

リアリティを増したものがネット上で公開されています。

当時の戦争の空気感などがうまく再現されており、非常に生々しい。

https://gigazine.net/news/20071022_colour_ww1_photos/

 

  ページの先頭へ戻る 

【カラーで楽しめる1900年代から1940年代の印象的な写真61枚】

 

ロシア帝国時代の写真家セルゲイ・プロクジン=ゴルスキーの作品など、

1900年代のロシアや193040年代のアメリカで撮影された写真61枚です。

たとえアメリカやロシアに思い入れがない人でもどこか懐かしいような気持ちになるのではないでしょうか。

https://gigazine.net/news/20110712_1900_1940s_Photos/

 

  ページの先頭へ戻る 

【明治初期の日本の田舎の生活を写した「手作業でカラーにした写真」】

 

明治初期にスコットランドの出版社が出した海外を旅するための旅行誌に、

日本の田舎の写真が掲載されました。

この写真は、日本人の手で着色されており、

明治初期の日本人の生活様式を示す資料となっています。

https://gigazine.net/news/20170422-rural-life-1870s-japan/

 

 
  ページの先頭へ戻る 

【あの東日本大震災から1ヶ月後、被災地がどうなったのかを示す衝撃的な写真集】

 

311日に起こった東日本大震災から1ヶ月強がたち、

福島第一原発事故は当初の「事故レベル5」からチェルノブイリ原発事故と並ぶ「レベル7」へと引き上げられ、

事態は長期化の様相を呈しています。

いまでも現地では自衛隊や警察、消防などの救援隊による行方不明者の捜索や物資輸送がなされていますが、

そんな現地の避難所や壊滅状態の街並、祈りをささげる人々や放射線検査の様子などを記録した写真を集めました。

いま一度東日本大震災について考える切っ掛けになるかもしれません。

https://gigazine.net/news/20110422_japans_crisis_one_month_later/

 

  ページの先頭へ戻る 

【想像を絶するすさまじい地震・火災・避難の実態を記録した知られざる阪神・淡路大震災の写真まとめ「1.17の記録」】

 

阪神・淡路大震災が起きた117日午前54652秒から20年が経過したのに合わせて、

1000枚以上もある大量の貴重な写真を神戸市がなんとCCライセンスでネット上に公開、

無料で閲覧&ダウンロードできるサイト「1.17の記録」を開設しました。

貴重な写真が山のように置いてあり、当時の震災を経験した人であればかなり感慨深いものがあり、

知らない人でもコレを見ればどれだけの規模の地震だったのか、そして何が起きたのかがよくわかります。

https://gigazine.net/news/20150117-hanshin-awaji-earthquake-photo/

 

  ページの先頭へ戻る 

【大正6年から昭和25年までの日本の姿を収めた写真がネットで公開中】

 

大正から昭和にかけての日本は、その歴史の中でも最も激動の時代と呼べる時期を通ってきました。

そんな時代の風景を収めた貴重な写真が、

世界中のさまざまな過去の写真を大量にアーカイブするサイトのFlashbakで公開されています。

https://gigazine.net/news/20150208-tokyo-rare-images/

 

  ページの先頭へ戻る 

【第二次世界大戦後すぐの復興中の日本を撮影したカラー写真が国立国会図書館デジタルコレクションにて公開中】

 

モージャー氏が、第二次世界大戦後、GHQの文民スタッフ(civilian secretarial staff)として

19464月から19471月に日本に滞在した際、

東京、名古屋、広島等の全国各地で撮影した街頭風景や建築物のカラー写真。

2008年、米国在住のモージャー(Robert V. Mosier)氏の親族からカラースライド(304枚)の寄贈を受けた。

当館においてデジタル化作業を行い、2017年、デジタルコレクションで公開した

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10756455

http://gigazine.net/news/20171116-national-diet-library-digital-collection/

 

  ページの先頭へ戻る 

  

【スマートスピーカー(AIスピーカー)を比較、現時点のおすすめはどれ?】

 

国内でも各社のスマートスピーカー「LINE Clova」「Google Home」「Amazon Echo」が順次発売となりました。

まさに、スマートスピーカー(AIスピーカー)の始まりのとき来たれり!って感じですね。

いよいよ、ハンズフリーのボイスコントロール、AIによるアシスト機能が生活に入ってきます。

とはいえどれを使ったらいいんだろう?

https://freelifetech.com/thinking-smart-speaker/

 

  ページの先頭へ戻る 

【スマートスピーカーにはどんなものがある?】

 

スマートスピーカーは、AmazonGoogleなどAIアシスタントを擁するインターネット関連企業から発売されているほか、

AIアシスタントを提供された家電メーカーからも登場します。

Amazon Echo

Google Home

LINE Clova WAVE

Apple HomePod

https://www.watch.impress.co.jp/smartspeaker/

 

 ページの先頭へ戻る  

【スマートスピーカーで何ができる?】

 

スマートスピーカーは音声対話型のAIアシスタントに対応しており、

主にこちらから話しかけることで様々なアクションを実行できます。

可能なアクションは、検索エンジンを用いた調べ物、ニュースの読み上げ、

音楽や動画の再生、家電の操作、ちょっとした雑談まで、多岐にわたります。

また、多くのAIアシスタントでは、スマートフォンにおけるアプリと同様、

様々な企業や個人が独自のアプリを開発できるようになっています。

アプリが増えれば増えるほどできることが増えていくのは、スマートフォンと同じです。

https://www.watch.impress.co.jp/smartspeaker/

 

 ページの先頭へ戻る 

AIスピーカーって何?】

 

スマートスピーカーとは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタントを利用可能なスピーカーで、AIスピーカーとも呼ばれます。

現在、多くの人がインターネットを介して音楽鑑賞や調べ物、買い物といったサービスを利用していますが、スマートスピーカーでは、

そうしたサービスを、PCやスマートフォンなどを介することなく、「音声」のみで操作できます。

AIアシスタントは近年スマートフォンに搭載され、ちょっとした操作や調べ物などに利用できますが、

画面をタッチしたり、キーボードを叩いたりするよりも速く、

手軽に目的を達成することができるというメリットがあります。

スピーカーがそうしたAIアシスタントに対応することで、

「リビング」や「寝室」といった日常生活の場においてAIアシスタントの活用が広がっていくと予想されます。

https://www.watch.impress.co.jp/smartspeaker/

 

 ページの先頭へ戻る 

【タブレットとは光コラボレーションって何?】

       

光コラボとは「光コラボレーションモデル」の俗称で、2014年から2015年にかけてニュースを騒がせたNTTの光回線サービスの卸売りのことです。

簡単に言いますと、NTT東西が所有しているフレッツ光の設備を、

プロバイダや携帯会社などの光コラボ事業者が自分色に染めてサービス提供していいよ~!

というものです。

それに伴って、フレッツ光を利用している方はお好みの光コラボ事業者に契約自体を切替える(転用)事ができるようになりました。

https://hikari-cpn.com/column/collaboration.html

 

 ページの先頭へ戻る

・・・下記のブログサイトでもご覧いただけます・・・
 ★≪Twitter≫ https://twitter.com/shuyo_pc

★≪Facebook≫ https://www.facebook.com/SHUYO.NET

★≪Facebookページ≫ https://www.facebook.com/shuyo2013

★≪mixihttp://mixi.jp/home.pl

★≪Googl+≫ https://plus.google.com/

★≪fc2ブログ≫ http://shuyopc.blog.fc2.com/

★≪YAHOO!ブログ≫ https://blogs.yahoo.co.jp/shuyo_pc/MYBLOG/yblog.html

★≪YAHOO!ボックス≫ https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-tstpqod3boaxdetz5lsjajyrsy-1001&uniqid=cddaf272-6e87-4b6e-a4b5-4e82678f74f9

★≪Amebaブログ≫ http://ameblo.jp/shuyo-net/

★≪WordPress≫ http://shuyo.net/doto-blog/

★≪LINEhttp://www.shuyo.net/LINE/line.html

★≪Instagramhttps://www.instagram.com/shuyo.pc/

★≪OneDrive≫ https://onedrive.live.com/?authkey=%21AN6xmmLoltSvBOo&id=D1D094A51F4ADEB6%21417&cid=D1D094A51F4ADEB6

★≪Evernote  http://www.evernote.com/pub/shuyo_pc/shuyo_pc

★≪インストラクター日誌≫ http://www.shuyo.net/blog/index.htm

★≪SHUYO.NETITの小ネタ集≫ http://www.shuyo.net/koneta/1.html


 1】 【2】 
 -TOP-